勉強会・講演会
赤枠は神奈川県自閉症児者親の会連合会または県連下の地区が主催(共催)する勉強会です。
※ このページへの掲載について
事務局までご連絡ください。なお、ご希望に添えない場合もございますので予めご了承ください。
-> 事務局への連絡はこちら
10月
10月12日(土) 10:30〜12:30(開場10:00)

支援困難な発達障害のある人への対応

主催 厚木市自閉症児・者親の会
講師 岸川 学 氏
神奈川県立保健福祉大学保健福祉学部社会福祉学科
内容 自閉症スペクトラムや発達障害のある人たちと日々接する中で、 支援がとても難しいと感じることはありませんか。 事業所、就労現場、学校、家庭で、なぜそうなってしまうのかを考えたり、 他の場面ではどうしているのかを相互に探ったりと、 それぞれの立場で改善策を模索されていることと思います。 そこで今回は、岸川 学氏をお迎えし、これまでの支援を振り返り、 考え、新たな気持ちで支援に取り組める機会にできればと思います。 是非ご参加ください。
場所 アミューあつぎ6F 610
お申し込み
&詳細
->こちらからチラシがご覧いただけます。
11月
11月20日(水) 10:30〜12:30

自分を知る〜障がい特性の理解と告知について〜

主催 海老名市自閉症児・者親の会
講師 諏訪利明 氏
内容 障がいのある子どもが成長していく過程で、自分と他者との違いに気づき悩む時期があると思います。 特に、自閉症スペクトラムの人の場合、外見だけでは障がいの有無がわからないことも多く、 そのために周囲からその特性について理解を得にくいことがあります。本人が自分を否定することなく、 周囲と折り合いをつけながら生きていくためには、自身の特性を理解し、 それに対する対処法を身に付けていくことが必要でしょう。
そのために、家族や支援者はどのような働きかけをしたらよいのか、 本人の問いかけにはどう対応したらよいのか、障がいについて告知するとしたらどのような方法が 考えられるか、先生のお話を伺いながら考えてみたいと思います。
場所 海老名市文化会館 351多目的室
定員 先着60名
参加費 海老名会員(無料)、県連会員(500 円)、一般(1,000 円)
お申し込み
&詳細
->こちらからチラシがご覧いただけます。
12月
12月9日(月) 14:00〜16:00(13:30 開場)

令和元年度神奈川県発達障害支援センター保護者向け研修A
発達障害のある方への生活設計について 〜親が元気な時に考えておくと良いこと〜

主催 神奈川県発達障害支援センターかながわA(エース)
講師 井上 康子 氏
有限会社 アロマプランニング 代表取締役
内容 神奈川県発達障害支援センターでは、今年度新たに、家族向け研修を2回企画しました。 2回目の研修では、主に成人された当事者やご家族などを対象とした研修を開催します。
今回の研修では、「親が元気な時に考えておくと良いこと」をテーマに、 発達障害のある方の将来に向けて、何をどのように考えたらよいのか、今からできることはないか、 お金のこと生活のことなど事例を交えてお話をしていただきます。
講師の井上康子氏は年金・介護・医療に関するご相談や障害のある方への信託相談に 日常的にかかわっておられます。地域での講演会なども多数なさっており、 分かりやすいお話であると好評です。
場所 神奈川県総合医療会館2階会議室A
(JR根岸線「関内」駅南口下車 徒歩10分)
(横浜市営地下鉄 ブルーライン 「伊勢佐木長者町」駅下車 4番出口 徒歩3分)
定員 60名(当事者・家族・一般県民など)
参加費 無料
お申し込み
&詳細
->こちらからチラシがご覧いただけます。